定額で販路開拓サポート
販路開拓、販売戦略、百貨店デパ地下催事、商品PR、集客はお任せください!

小規模事業者持続化補助金を活用しませんか?

**********************************
グランマルシェ通信 Vol.143
**********************************

―<メニュー>――――――――――――――――――――――――――――
1.  【今週のワード】中小企業とSDGs (エスディージーズ)
2.  【随時相談ください】小規模事業者持続化補助金を活用しませんか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1. 【今週のワード】中小企業とSDGs (エスディージーズ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


皆さんはSDGs(エスディージーズ)と言う言葉を御存知でしょうか。

SDGsとは2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標の事で、「誰ひとり取り残さないこと」を目指し、「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」など先進国と途上国が一丸となって達成すべき17項目の目標で構成されています。

ではこの世界レベルの取り組みがなぜ今私たちに必要なのでしょうか。

 「SDGs、最近、よく耳にする言葉だな」と思われる方も多いと思いますが、日本でのSDGs認知度はまだまだ低いのが現状です。

昨年12月に関東経済産業局が実施した「中小企業のSDGs認知度・実態等調査」によると、調査対象500社のうち98%が「SDGsを知らない」や、「対応を検討していない」と回答しています。
大企業ではSDGs推進室などが開設され、担当者が取り組みを行っていることがほとんどですが、日本の企業の中で99%が中小企業ということから見ると、今の日本においてSDGsがいかに浸透していないかが良く分かります。 

SDGsは大企業だから取り組むことができるというものではなく、中小企業こそこの取り組みを行うことで、企業のブランド力や、提案力を強化し、持続的な企業競争力の向上が期待できるようになります。

そして中小企業は大企業に比べると所帯がコンパクトなので、様々な取り組みをスピーディーに進めることができるというメリットもあります。
今後投資家も投資対象とする企業決定時にSDGsの取り組みがされているか否かを決定の基準にするようなので、SDGsの取り組みが融資などを受ける時に有利に働くようになると考えられます。
時代の流れにうまく乗るためにも、早い段階でのSDGsの取り組みを御検討ください。

 グランマルシェでは今後SDGsの研修会やセミナー、SDGsの取り組みをふまえた商品開発の指導などのサービスを提供していきます。
SDGsに関することでしたら、どんなことでもお問い合わせくださいませ。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2. 【随時相談ください】小規模事業者持続化補助金を活用しませんか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年度、会員さんの中で11社が採択されました「小規模事業者持続化補助金」
本年度もそろそろ始まります。

・販売促進のためのパンフレットなどの制作
・新たな販売促進のためのホームページ制作
・ネットショップの新規構築
・国内外の展示会などへの出店
・商業施設でのPR会
・商品パッケージや包装のデザイン改良

等をお考えの皆さん。

販売促進の取組みを支援するために、経費の一部を補助する「小規模事業者持続化補助金」にチャレンジしてみませんか。

▽条件等は個別に随時相談に乗りますので、是非お問い合わせくださいませ。
また、百貨店催事出店、多数あります。ご興味のある企業様(個人も可)、お気軽にお問い合わせください。
メールアドレス: okumura@lien-co.info


本日はここまで、です。
お読みいただきありがとうございます。
奥村でした。

▽「グランマルシェLINE@の登録してくださいね」下記のリンクからお願い致します。
https://peraichi.com/landing_pages/view/lienco

▽ギフト通販サイト「グランマルシェ」
http://ecgift.net/

Lien.co(リアン)
大阪市中央区農人橋1-1-29
お問い合わせはhttp://www.lien-co.info/