定額で販路開拓サポート
販路開拓、販売戦略、百貨店デパ地下催事、商品PR、集客はお任せください!

┃・・補助金、助成金

補助金や助成金の申請は、Lienにご相談ください。

皆様、こんにちはグランマルシェです。

素晴らしいアイデアで新商品を開発しようとしても、資金がないと開発は難しいものです。潤沢に資金があればいい、とは思いませんが必要な資金は手当てが必要ですね。

そんな中小企業を国は応援しています。
「補助金」「助成金」という言葉を聴かれたことはあると思います。でも、手続きは面倒そうだし、「我が社には無理」と思っていませんか?

確かに申請をすれば、100%受け取れるものではありません。しかし、しっかりと計画書を作成し申請すれば受け取れる可能性が高くなります。

・ 新商品を開発したい
・ 催事に出店したい
・ チラシなどの販促をしたい
・ ホームページを充実させたい
・ 通販に出品したい
・ 店を改築したい
・ 従業員を教育したい

等々、やりたいことを実現してみませんか?

補助金や助成金の申請は、Lienにご相談ください。


もちろん、補助金は年によって内容は変わります。詳細は、気になったことを相談いただければお伝えします。


それでは、補助金の内容を紹介します。


 
1、小規模事業者持続化補助金
小規模事業者持続化補助金とは、ホームページ制作や販売パンフレットの作成、あるいは折込チラシやWEB広告など、販促宣伝活動や店舗改装などにも使える、とても使い勝手の良い補助金です。

さらにものづくり補助金などの大型補助金と比較すると、申請書の種類も少なく、事務作業も比較的軽いため、補助金ビギナーにも優しい補助金と言えるでしょう。

◎小規模補助金って誰が貰えるの?

結論から先に言ってしまうと小規模事業者持続化補助金の補助対象者は、「日本国内に所在する小規模事業者」の内、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(法人および個人事業主)で常時使用する従業員の数が20人以下」、「卸売業・小売業・サービス業<宿泊業・娯楽業は除く>に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下の事業者」ということになります。

つまり、常時使用する従業員の数が20名以下の事業者(ただし、卸売業・小売業・宿泊業と娯楽業以外のサービス業であれば5名以下)が該当するという訳です。

◎具体的に補助金として貰える金額はいくらなのか?

小規模補助金で貰える額はズバリ50万円。すなわち補助上限額が50万円となります。
ここで絶対に間違えてほしくないのは、「75万円の補助対象となる事業費に対し、50万円が補助される」という件です。(補助率が「3分の2」のため、75万円×2÷3=50万円)

補助金にめでたく採択されたとしても、「すぐに50万円が貰える」という訳ではなく、まず、あなたは、先に経費として75万円を(立替払いで)使用しなければなりません。
したがって、無事に補助金50万円を受け取る場合には、手元資金として、まず75万円があなたの懐になければなりません。さらに25万円が最終的な持ち出し金額となる点も要注意です。


2.IT導入補助金

IT導入補助金とは、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」を設定した上で、こうしたITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の経営力向上を図ることを目的とするものです。


3.ものづくり補助金
ものづくり補助金とは、中小企業が取り組む、革新的なサービスや試作品開発にかかる経費を補助してくれる補助金となります。

◎ものづくり補助金の目的は?

ものづくり補助金の目的ですが、公募要領には、「ニーズに対応した、サービスやものづくりの新事業を創出するために、革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を支援」とあります。

キーワードは「ニーズに対応」「新事業創出」「革新的な設備投資」「試作品の開発」といったところになります。

◎ものづくり補助金の要件とは?

ものづくり補助金には3つの類型が容易されています。

・革新的サービス
・ものづくり技術
・共同設備投資

なんとなく理解できましたか?

まずは、やりたいことをリストアップして気軽に、Lienに相談してください。

専門家が詳しく相談に応じます。
この機会に、事業拡大・販売拡大を検討してください。

また、従業員教育の助成金の相談にも応じています。困ったこと、考えていることがありましたら、Lienに声をかけてくださいね。

Lien.co(リアン)
大阪市中央区農人橋1-1-29